上田市シティプロモーション

文字サイズ

開催は9/1(土)まで! 上田市立美術館「没後100年 村山槐多展」

2019.08.21

 

 

22歳の若さで亡くなった夭折の天才詩人画家・村山槐多(1896-1919)。

 

横山大観、高村光太郎、与謝野晶子、芥川龍之介など名だたる作家たちからも注目を集めていた槐多の知られざる作品が、このたび100点以上新たに発見されました。その大半は、10代の少年時代の作品であり、その一つひとつに風景を純粋に誠実に描く姿勢が貫かれていました。

11点の油彩画も新たに発見され、14歳で描いた《雲湧く山》や鮮やかなガランスで描かれた《カンナ》、風景画のひとつの到達点を示す《房州風景》など、アーティストとして成長する槐多の足跡を辿ることができます。

 

本展はこれら初公開の作品と槐多の代表作を合わせ、会期を2期に分けてその全貌をご紹介します。

 

 

展覧会名 没後100年村山槐多展
―驚きの新発見作品を一挙公開-
会場 サントミューゼ

上田市立美術館2階 展示室

期間 2019年7月27日(土)~9月1日(日)

■第1期 7月27日(土)~8月12日(月)

■第2期 8月14日(水)~9月1日(日)

※本展は、第1期・第2期で作品が入れ替わります。

休館日 火曜日(祝日の場合は翌日)
開館時間 9:00~17:00(最終入場は16:30まで)

 

 

詳細は、出典記事をご覧ください。

 

関連タグ
出典記事