上田市シティプロモーション

文字サイズ

10/7(日)上田古戦場ハーフマラソン

2018.09.17

天文18年(1548年)に甲斐国の戦国大名・武田信玄と北信濃の戦国大名・村上義清が激闘を繰り広げた「上田原の合戦」の舞台である上田原古戦場を主会場として開催する、歴史ロマンあふれるマラソン大会です。

<コース概要>

県営上田野球場前をスタートし、青木村方面を折り返し、県営上田野球場をフィニッシュとする各コース
距離別では、ハーフ・10km・5km・3km・約2.5kmの5種類(ハーフ・10kmは日本陸上競技連盟公認コース)

詳細は「出典記事」をご覧ください。

関連タグ
出典記事