上田市シティプロモーション

文字サイズ

2/24(月)まで開催! 農民美術100周年企画『まちなか こっぱプロジェクト』

2020.01.09

 

まちなかこっぱプロジェクト

 

手づくりの工芸品である農民美術は、1919(大正8)年に芸術家・山本鼎の発案により神川村(現上田市)で始まったものです。

冬の農閑期の副業として工芸品づくりを奨励したこの活動には、製作を通して農家の人々が楽しく豊かな気持ちで収入を得られるように、という鼎の想いが込められていました。

そして、農民美術の生産が始まってから ちょうど100年目を迎えたことを、多くの人に知ってもらうため「まちなかこっぱプロジェクト」が企画されました。

 

上田のまちなかのいろいろなお店に、「こっぱ人形」が展示されています。

あなたのお気に入りの「こっぱ人形」を探してみませんか。

 

開催期間 2019年11月30日(土)~2020年2月24日(月・祝)

 

詳細は、チラシをご覧ください。

 

関連タグ
出典記事